26歳からの婚活戦略ノート 〜回せ鬼速PDCA〜

婚活市場に解き放たれたOL。30歳までの結婚を目指して婚活PDCAを鬼速で回す。主戦場はマッチングアプリ。

自己紹介/婚活宣誓

 

婚活始めます宣誓。

 

つい先日、誕生日を迎えた瞬間に彼氏からフラれた。

 

26歳。突如婚活市場に解き放たれた。

 

付き合ったのはたったの半年間少しではあるけど、今回は絶対に上手くいくと思っていた。この人とずっと一緒にいると思っていた。

遥々田舎の向こうの両親にも会ったし、自分の家族にも会わせたし、お互いの友人先輩後輩を紹介し合ってきた。

 

だがしかし。だがしかし。

 

そのような過去はもはや宇宙の塵と成り果て、私は26歳のスタートと同時にこの大婚活殺界に突き落とされてしまったのだ。

 

私の婚活の大前提を記しておこうと思う。

 

私の婚活ゴール設定= 30歳までの入籍で世帯年収1,400万円以上を目指す

 

あれ、そこまで無謀なことは言ってないよね?あれ?

私も働くし世のサラリーマンの平均くらいはもらってるはずだから。

 

しかし一番の問題は言わずもがな、

「婚活界における女の市場価値は27歳をピークに下降の一途」であること。

(出典:「やまとなでしこ」神野桜子の名言より)

 

ここで顔面偏差値の高い女性は27歳以降もまだ戦いの余地が十分に残されているが、顔面偏差値58以下の女性は20代で手を打たなければ大変なことになる。

 

当然それまでに積み上げた人間性、家事スキル、キャリア形成、様々な要素が評価に加味されるとはいえ、やはり顔面偏差値58以下組は年齢アドバンテージが効くうちに売り捌き人生次のステージに向かわなければならないのだ。

もちろん、結婚を望むのであれば、の話。

 

  

そもそも私は恋愛が苦手だ。駆け引きもしたくない。これ以上恋愛で精神と時間をすり減らしたくないよ。
さっさと結婚して子供を生んで仕事に集中したいし、休日は子供とピアノを弾いて平和に過ごしたいんだ。

 

 

このブログでは、以下の内容を中心に書いていきたい。

  • 私の恋愛遍歴と敗因分析
  • 婚活の全体的な方向性定義、アクションプラン策定
  • 婚活市場の調査報告
  • 実際に候補に上がった男性とのアポイントレポーティング
  • その他小ネタ

 

 

ちなみに私は外見はアクティブ遊んでいそうな東京の量産型OLという感じだけど、現実は「コミュ力だけ異常に高いのに友達が少ない根暗

 

そのため合コンという手段はほとんど使えず、主戦場はマッチングアプリになる予定。

 

 

彼氏にフラれてから数日しか経過していない今。

大声で泣いたしストレスで食事はできないし髪は抜けるし蕁麻疹が半端ない私だけど、幸せな家庭を築くべく、今戦います。