26歳からの婚活戦略ノート 〜回せ鬼速PDCA〜

婚活市場に解き放たれたOL。30歳までの結婚を目指して婚活PDCAを鬼速で回す。主戦場はマッチングアプリ。

実践ケーススタディ【1】 慶大医卒の元ギャル男コンサル

 

彼から別れを告げられてちょうど1週間だけど、すでに新規アポをどんどん入れている。

 

というか別れてからすぐにブログ開設してPV数千到達という、悲しいのか嬉しいのかよくわからない状況ww

 

戦略戦術を整理しながら並行でアポをとった男性のレポーティングをします。

 

まずは記念すべき1人目。

 

「慶大医卒の元ギャル男」という、しょっぱなから全くの変化球すぎてこんなつもりじゃなかったんだけど!!ちょっと手が滑ってマッチングしてしまった!

 

実践ケーススタディ【1】 慶大医卒の元ギャル男コンサル

【年齢】28歳 

【職業】外資コンサル

【年収】750万円〜1000万円(アプリ自己申告)

【出会い方】東カレデート

 

慶大医卒→医療コンサルで将来は医療関連のビジネス立ち上げ予定の男性。

 

プロフィールだけ見ると素敵なんだけど... 待ち合わせ場所に現れた瞬間「おいマジかよ」と心の声が漏れそうになった。

 

髪型がひと昔、いやふた昔前のメンナクモデルに憧れた田舎の男子高校生みたいな。トップだけ斜めに盛っちゃうみたいな。(参考画像すら見つからない)

 

休日出勤でテレカン帰りだというから

「その髪型でテレカンするんですか?」とマジトーンの質問したところ、

 

「そうだよ。外資系だからみんな優秀でこうやって差別化しないと埋もれちゃうの」

と、これまたマジトーンのレス。

 

私も自由な外資系だから言わんとすることはわかるが、いやその髪型はおかしいだろ。服もピッチリしたロンTだしまだそんな服売ってるのかよ。

 

 

まぁ気を取り直してお茶していたんだけど、学生時代のイベサーの話とかどうでもいいネタばかり。

おまけに会話の4拍目にキメ顔を刻んでくる

久々にやべーの来たわ...とすっかり暗雲が立ち込めた。

 

でもしばらく話していて気づいた。

 

この人私とめちゃくちゃ似てるわ

 

元読モギャル男だけど根は真面目で根暗。自分の生きやすい道を見出した結果ギャル男に行き着いた「職業ギャル男」だ。

 

10年前まで小悪魔agehaリスペクトで歌舞伎町をたむろしていた元ギャル(でも根は真面目で根暗)な私は同じDNAを感じ取ってしまい、妙なグルーヴ感が生まれた。

 

別にギャル・ギャル男になりたくてなったんじゃなくて、我が道を貫いて自己表現した結果ああいう見た目になっただけだよね、とか。

 

当時の魂はやっぱり今の自分の根底に残ってるよね、とか。

 

これはギャル・ギャル男として孤独に生きて周りから批難の白い目に曝されたことのある人間にしかわからない魂の話なの。。

 

そこからお酒の話なんかもだいぶ盛り上がったし、楽しかった。

 

 

でもね、私は結婚相手を探しているんだよ!ギャルのグルーヴは求めていない!

 

今回は起業による多忙を理由に恋人にフラれたから、近い将来起業を控えている男性とも付き合えない!

 

お友達としては最高な人だったな。以上。