26歳からの婚活戦略ノート 〜回せ鬼速PDCA〜

婚活市場に解き放たれたOL。30歳までの結婚を目指して婚活PDCAを鬼速で回す。主戦場はマッチングアプリ。

実践ケーススタディ【2】 京大卒外資コンサル小男

実践ケーススタディ【2】 京大卒外資コンサル小男

【年齢】33歳 

【職業】外資コンサル

【年収】不明

【出会い方】happn

 

普段は使わないマッチングアプリ「happn」(GPS情報ですれ違った人とやり取りができるサービス)で珍しく会ってみた。

 

恋人に別れ話をされたその日に1年ぶりにアプリにログインしてみたら、1日前にたまたま昔のすれ違い情報を元にこの男性からいいねが来ていたのだ。

 

会話のテンポもよく面白そうだなと思ったのでスムーズにアポイント確定。私の好きなお店に連れて行ってもらうことに。

 

しかしこのアプリ、手軽にコミュニティーを取ることは出来ても相手の情報が少ないという欠点が...。

 

実際会ってみたらイケメンだけど身長が低い。

めちゃくちゃ低い。

 

おそらくヒールを履いた私(158cm)より若干目線が下だったので165cmくらい。

これはPairsやomiaiなど他アプリでは絶対に起こり得ないミス。

 

私は結婚条件の年収云々よりも真っ先に身長で足切りをしてしまう。

どんなイケメン高収入聖人君子でも身長173cm以下の男性は男として見れない。

顔面偏差値も高くない胸も大きくない自分が何言ってるんだとは思うが、これはもう仕方のないこと。。

 

とはいえワガママばかり言ってはいられないので、年収1,000万円以上の人であれば170cmから会ってみようとしているけども、それにしても170cm未満は踏ん切りがつかない。

 

とってもいい人だし話も合ったんだけどな〜〜。

 

美味しいスコッチをしこたま飲ませていただき解散でした。happnはしばらく使わない。