26歳からの婚活戦略ノート 〜回せ鬼速PDCA〜

婚活市場に解き放たれたOL。30歳までの結婚を目指して婚活PDCAを鬼速で回す。主戦場はマッチングアプリ。

小話「神でも信じておけばよかった」

 

もうさ、26歳の独身女って口を開けば結婚の話しかしないの。


周りが少し結婚し始めて「やばーい★」っていうのが25歳。


バリキャリ路線のあの子までどんどん結婚、ちらほら出産も出てきて話題が「子育てのしやすい一軒家間取りと購入資金について」とかになってきて、本格的に「や、やばい…?」ってなるのが26歳。


30歳までに結婚、あわよくば挙式までするとしたら28〜29歳で婚約するとしてあと1〜2ラウンドっていうスケジュール感。

 

まあそれはさておきね。


世の中がどうとか、女の市場価値27才最高値とか、子供生むリミットとか、それはさておきね。

 

このタイミングで恋人にフラれてひとりになってみて、考えるわけです。
あれ、私結婚したほうがいいんだっけ?早めにしたほうがいいんだっけ?って。

 

で、結論、ああもう早く結婚しようってなったの。


散々遊んだから早く落ち着きたいって理由もあるけれど、一番は親ね。


私ほんとに今考えたら完全に頭おかしいようなヤンチャばかりしてきたから、まともな両親からしてみたらほんとに毎日底知れぬストレスだったと思う。


お母さんが「子供の育て直し」みたいな本読んでいたのも知ってる。


いまだに親孝行とか全然できていないし、結婚して子供生んで安心してもらうぐらいしかできないんだよね。


暇だから高校生のころの頭おかしいエピソードを思い出していたんだけど、ほんとに頭おかしいのよ。


それにひとりでいるの飽きたし。趣味作って自立しろとか云々の前に、やっぱりちょーつまんないから。

 

 

でさ、マッチングアプリとか久々に開いてみるじゃん?
ちょっとやりとりするじゃん?

 

ほんとに海の藻屑みたいなのしかいないから。
ほんとに塵。塵ですか?Are you 塵?

 

いい大学出身コンサル男性と食事の約束してLINE交換した途端に「じゃ」「ぢゃ」って書いてくるんだよ?


え、なんなの?古代のギャル男なの?

 

「じゃ」を「ぢゃ」って書く人無理なので

 

って食事断ったら、

 

じゃあしかたないね って返信。

 

 

え、そこは直すのかよ!つらぬけよ!

 

 

まぁ、つい1〜2週間前までこの人と結婚するだろうなって、この人の子供生むだろうなって、この人最高この人大好きって思いながら一緒に抱き合っていた人が急にいなくなったわけだから、そりゃみんな藻に見えるさ。

 

はあ〜神でも信じておけばよかった。

 

絶対的な何か。何かを持っていれば。中学時代からキリスト教育を受けてきたけど、神への信仰は男やくすり、あらゆる依存をすべてやってみたあとの最終手段だと当時から考えていた。もうなんでもいいけど絶対的な何かって大事なんだよ。

 

だからね、もっと強くなって、藻のなかでも強い気持ちで負けないことが大事。まずは絶対的な自分の強い気持ちを持つことから。自分が弱いことを認めて、強くなることから始めるよ。